和晃BLOG

2021.11.30

進化論

 動物や昆虫の図鑑を見るのが好きです。
なんというか、何でこんな事になったんやろ!?
って生き物が世の中にはいっぱいいるんですもの。

今いる生き物たちにも祖先があって
今とは違う姿をしている事は多々あります。
鼻の長い象さん
首の長いキリンさん

進化頑張ったね!!

先祖達もここまで伸びたか!!って思うくらい
長くなったと思う。

逆にいらなくなって退化したのもありますね。

ダチョウとかペンギンの羽

めっちゃ足速いから飛ぶ必要なし
めっちゃ早く泳げるからヨチヨチ歩きでもOK

ん~・・・・

特化したね!!

でも、基本的に体の造りが変わるほどの進化には
何千年も時間がかかるから
途中で環境が変わって、結果的に絶滅するパターンもあるらしい
そして、今なお進化している生き物はいるのだけれど
その変化がゆっくりすぎて
今の研究じゃ解明できない事も多いと思います。

例えば、今は超微量で
噛まれても影響の無い毒を持ってる生き物でも
1000年後とか即死レベルの毒に
パワーアップしてるかもしれないし

最大で10ヵ月も空を飛びっぱなしのアマツバメ
1000年後には足が無くなって産まれて飛び立ったあと
死ぬまで飛んでるかもしれない。

人類は・・・・
どうなんだろ?

便利なデバイスがいっぱい増えていくせいで
体は退化して手足が貧弱になって
脳みそと目がでかくなって・・・

 

あ、きっしょ!

 

人類の進化ここで着地した方がよさげ!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。