和晃BLOG

SNS

2021.02.22

日本語の拡張性って半端ない

人はいつ年を取るのか?

それは若者の流行語が分からなくなった時

数年前「まじ卍」と聞いた時
猪木の顔がよぎったのであれば
100%大人です。

とはいえ、若者が使った言葉が最新かと言えば
そうではないんですよね。

所謂ネットスラングとして
匿名掲示板などで昔から使われてた言葉が
改めて出現した物も多く見受けられます。

この背景としてはスマホによるネット環境へのアクセスが一般化した事
SNSにより発信力が高まり同世代に広まりやすくなった事。

私が高校生の頃、電話回線によるネット通信がまだ残っており
インターネットはパソコンからアクセスする物でした。
なので、ネットスラングは頻繁にネットに
アクセスする人だけに浸透している言葉でした。

当時ですと、「あいつ」とか「やつ」を指して
香具師(やし)だとか
それこそ今では普通に使われ始めた、
語尾の(笑)→「w」 

この「www」を草と見立てて
笑えることを「草生える」

今時の若者に浸透するとは思ってもみませんでした。

しかしながら、驚くべきことは
日本語の多様性と拡張性にあります。
音が似ている
文字の形から連想できる

そういった要素から新しい単語が生まれていきます。

もはや日本語を勉強している外人さんにとっては脅威ですね。
ただでさえ、複雑で表現力の豊富な日本語に
新しい単語が無数に生まれるんですから
というより、生粋の日本人である我々が
理解できないのですから!!

ちなみに海外のスラングと日本語のスラングを掛け合わせて
お互いまったく異なった印象を受ける文章があります。

「I got a girlfriend... JK!」

日本脳よりの訳
「彼女ができたぜ。。。女子高生の!」
英語脳よりの訳
「彼女ができたぜ。。。冗談だけどな!」

JK・・・「女子高生」「Just Kidding」

これ、まじ卍

2021.02.17

補助金の使い方

コロナの影響で放っておけば
経営が悪化してしまうような会社はたくさんあります。
それを救済すべく、各都道府県
そして自治体が補助金制度を設けています。

和晃でも今回
瀬戸市感染防止・生産性向上事業費補助金
こちらを利用させて頂くべく申請を進めております。

といいますか、締め切り今月末
完全に油断しておりました。

今回我々が導入するのは
当初タブレットを検討していましたが
実際営業ツールとして使うには
割と邪魔になってきそう・・・

であれば、我々営業のガラケーの代わりに
最新のペン付きスマートフォンを導入!
現地で注文を受けてメモを取るにもスマホに書き込む
そのデータを専用アプリで会社に送信して発注
最新スマホであればかなり高画質なので
リモート会議もできるし
通信も5G対応なのでサクサク
*エリアじゃないかしら?

最近、取引業者さんも
専用アプリから注文出来たり
チャットで質問出来たり
もはや見過ごすことはできないITウェーブ

和晃は最新機種

Galaxy Note20 Ultra 5G

これを武器に戦っていこうと思います。
電話、受注ノート、スケジュール管理

ということで、産業政策課の皆様
大変お忙しくされていることと思います
くれぐれもご自愛いただき
何卒申請の件、よろしくお願いいたします

瀬戸市大好きな和晃より

(*´∀`*)テヘ

2021.01.22

SNSで繋がりたいんや!

ちょっと前から和晃の公式Twitterを始めたのですが
実はプライベートでは使い込んだことがなく
情報収集をたまにするくらいでした

これがまた、やり込んでみると面白い!
瀬戸には有名な作家さんもいるし、
熱意に満ちた起業家もいる

また、県外の企業さんでもすんごい技術を持った方たちや
新しい事にチャレンジしている方がいて
そんな方たちが日々発信しているささいな事が
刺激になったりするのです 

マーケティングの一環として始めたものの
具体的な目標が無かったのですが、
フォロワーさんが増えたら
プレゼントキャンペーンとか
瀬戸市在住の方限定のなんかとか・・・
とにかくやりたい事がいっぱいできました!

あの開発中の商品を○○して、
Twitterべースで○○して・・・
皆で○○したら超楽しそう!

みたいな感じで一気に視野が広がったのです

和晃も一企業なので売り上げを作る事は最重要
その次に地域貢献をすると目標をたてた物の
具体的に何ができるのか・・・

SNSと現場の機動力を使えばできる気がする! 
あとは瀬戸の市役所様のシティプロモーション課の人に相談しよー!w
きっといいアイディアが生まれるはず(*´艸`*)

法人×公共×個人=?

さて何が起こるかなー?