和晃BLOG

2022.02.15

バレンタイン

 2月14日はバレンタイン!
女子からチョコを貰える素敵な日だと思ってましたが
昨今はチョコハラなるワードが産まれ
会社で配るのはやめておこうぜ的な
空気になっているそうですね。

男子の言い分
・お返しが面倒(上司の分も探させられる)
・値段設定が難しい(貰ったものより高く)
・そもそも甘い物がキライ

女子の言い分
・興味ないの集金される
・選ぶのが面倒
・余計な絡みが必要になる

みなさん、義理チョコシステムに辟易してますね。

愛の伝道師 聖バレンタインさんが
困惑してしまいそうです。

一番の問題は義理チョコ

これが曲者でして
私も子供の頃、学校でチョコを貰った時に
非常に困惑しました。

「義理チョコだからね!」
と宣言されているものの
渡す時に若干恥じらわれると
そうは言いつつ
あいつ俺の事好きなんじゃね?
思ってしまいがち。

でも、義理って言ってるが・・・
そもそも、俺に何の義理があるのだろうか・・・?

いや、義理って何や!?

社会生活を営む上で、立場上や道徳上、
他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと

つまり、なんだろう?
施し?
そうか、私たちは与えられたのですね。

うん、今なら素直に言える
ありがとう
そして
とりあえずチョコくれ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。