和晃BLOG

2021.07.30

IOTAによる親子の相対性

毎日暑い日が続きますね! 
猛暑のせいもありますがコロナの影響も相まって
外で遊ぶ子供の姿が例年よりも少ない印象です。

ちなみに我が家の子供たちは
奈良の嫁方実家にホームステイ中です。

私が子供の頃も夏休みは
祖父母に家に預けられることが多かったのですが、
ここぞとばかりにゲームばっかりしてましたね。
毎日宿題なんかしてなかったですし。
親の目が届かないから好き放題。

そして現代

うちの子供たちは
いわゆる「子供チャレンジ」をやっております。
そして、今風なタブレット式。
このネットワークが繋がったタブレットが曲者なのです。

これは取り組んだ問題数、内容
正解数、書き直し数がすべてメールで送られてくるのです。

なので、通知が来ないと
奈良へ電話をかけるのです。
父「今日チャレンジやってないんちゃう?」
息子「え?やったけど・・・」
父「やったかどうか、わかるんだけどさ。」

「やってないな?」

息子「 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 」

即バレです。

そして息子の宝物
ニンテンドースイッチ
これにも見守り機能がついており。
2時間たつと画面の左上に時計のマークが出て
アラームが鳴り響きます。
とはいえ、音を消してしまえば気にならず。
5分もすればアラームは消えます。
次は10分後とかに再び・・・。
つまり無視して強行もできるんですね。
ちなみに父はスマホのアプリを起動させると
どんなソフトを何時間遊び
アラームを無視してどれくらい続けたか分かります。

そして電話が鳴ります。

父「今日ゲームやりすぎてないか?」
息子「え?そんなにやってないよ・・・」
父「アラームが鳴ったよね?そこから50分続けたよね?」
「全部見えてるから」
息子「 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 」

なんて可哀そうなお話でしょうか。
IOTAという名の見えない鎖
便利というなの不自由
そして娘には甘々な頑張ったねメール

頑張れ息子

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。