和晃BLOG

2021.06.03

瀬戸弁という言語

和晃の社長はゴリゴリの瀬戸者なので
自身で瀬戸弁丸出しと言っています。

そもそも一般的な人の5倍ぐらい喋る人なので
聞き流している話の中に
時々、「今なんて言ったんだろ?」って事があります。

そんな所謂、瀬戸弁の中で
お気に入りワードが

「やっぐい」

なんか江戸っ子みたいでカッコいい

使用例は
「おまーたぁーけ、この机えらぁやっぐいがぁ」
訳:なんじゃこりゃ!?この机壊れそう!

基本的に
「おまー」 と 「たぁーけ」 は
セットなので覚えておきましょう。
「お前」+「たわけ」が正式な字面ですね。
ただ、ここに悪意や感情は無いので
ヒィィ!ってならなくて大丈夫です。
枕詞だと思ってください。

 そして、今朝話題になったは

クロニエル

もはや海外ブランドの響き
とても日本語とは思えません。
記憶を辿るとウチの家内もクロニエルのバッグが
欲しいとか言ってたような・・・

どうやら、漢字を当てると
「黒煮える」

どこかにぶつけて痣ができる様を言うのだそうです。
「アザ」という二文字の短い言葉を遥かに凌駕する
パワーワードです。

是非これから活用していきたいと思います!!

おまぁーたぁーけぇ、ちょーっとぶつけただけで、
クロニエたわ!やーっぐぃひざ。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。