和晃BLOG

2021.06.02

町のヒーローは正体を明かさない

 我が家では今空前の
ムカデ祭り
2日1回くらいのペースで遭遇します。

外じゃないですよ。

家の中です

割と田舎の方に住んでおりまして
どれくらいかと言うと
近所のおばぁの畑が
イノシシに荒らされたりするレベルです。

今年は梅雨入りが早かったせいで
毎年ムカデ対策として家の周りに撒く薬が出来ず
小さいサイズのうちに床下に入り込んだと思われます。
そしてやつらは夜行性の為、
夜になるとエサを求めて這い出てくるのです。

ちなみに日中に遭遇する時は
部屋の角っこにピッタリと寄り添ってて
ぱっと見、分かりにくく
トイレなんかで用を足してる途中で
んん??

うほ!!!

ってなるパターンが多いです。

あと、お風呂掃除してて椅子を動かしたら
デカイやついるとか
田舎あるあるですね。

子供の頃から夏の風物詩の様に
しょっちゅう遭遇しているムカデですが
何年たっても見た目に馴れない!!

毎回ヒィィってなる
いや、おそらく一般の方よりは
全然なってないと思うけど
じっくり見ると背中の艶や
オレンジがかった黄色い足
凶悪そうな真っ赤な顔

こんなに体中から危険を発している
床を這う昆虫います?

オマケに噛まれたら
かなりのレベルで痛い
油断したら涙出ちゃう

ちなみに10cm越えると
でかい部類に入るそうですが
年に一回はヌシクラスの15cm級に会います。
もはや大人の掌のクラス

あと数年したら妖怪になって
町を破壊することでしょう。
もはや鬼太郎でなければ歯が立たないレベル
そんな奴らを水際で対策しているのが

私です

正体を明かさずとも
町の皆の為に戦う

それがヒーロー!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。