和晃BLOG

2021.11.22

牛丼LOVE

 家庭で○○家の牛丼を食べたい
これは誰しもが一度は夢見るレシピ

しかしながら、どうにもこうにも
家庭で作る牛丼ってすき焼きの延長的な・・・

ということで日曜の夜は牛丼を極めようと
研究しながら作りこみました。

まず、基本的にお店の牛丼は
フルーティな甘さがあって
醤油に頼った味付けじゃないんですよね。

ただ、リンゴのすりおろしとか
チャツネとかを使い始めると
迷走してしまいそうなので

今回は酒を甘口の白ワインにして
砂糖はコクが欲しいので黒糖を
肉の旨味を追加する為に出汁には
昆布とダシダ(牛だし)
あとは微妙な調整として
少量のおろし生姜とカツオ出汁の素

このベースでかなりお店っぽいのが出来た!!!

でも、味としては松屋に近い
和風の醤油牛丼って感じかなぁ

次回調整するなら、カツオ出汁は不要だったかな。
あとはお肉は薄い方がいいんですが
スーパーで買うとどうしても限界があるので
圧力鍋で肉をかなり柔らかくなるまで煮詰めて食感を調整した方が良き。
あとは玉ねぎの旨味を引き出し切れてなかったのと
醤油の種類が根本的に違うと思う。
もう少しあっさりとしたマイルドなやつがいいんだけど

とまぁいろいろ考えて反省してみたものの

300円台で買える牛丼

買った方がはやい

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。