和晃BLOG

2021.10.27

パンダしか勝たん

 最近、上野動物園の
シャオシャオとレイレイの
ニュースを良く見かけます。

このパンダという生き物
もってりした動きに
絶妙なカラーデザインで
天然のマスコットキャラクター的動物です。

そんなパンダですが
つい数年前まで実物を見た事がありませんでした。
というより見た事ないと気づいてなかったんです。

テレビで見るし
当然パンダというものを知っているので
どこかの動物園で見ているもんだと思い込んでいて
4~5年前に和歌山のアドベンチャーワールドに行ったとき
パンダを生で見た事あるかと聞かれ

そりゃーあるよ!パンダでしょ?
あれ?名古屋の東山にいなかったっけ?

パンダは上野と和歌山と兵庫にしかいないよと言われ
そこで初めて、自分が生のパンダ
つまり、生パンを見た事ないという事実に直面したのです。

これ、同じ経験をする人が割といるらしいですよ!
パンダぐらい小さい頃に動物園でみてるやろー
って思いこんでるパターン

そんな思い出に刷り込まれがちなパンダは生息数が少なく
保護の対象になっているのは周知ですが
そもそも特殊な生態のせいで
どう考えても増えない生活をしているんです。

・メスの発情期が1年で1~2日しかない
・野生のパンダは基本的に一頭で生活して
他のパンダと会わないようにしている
・めちゃめちゃ相手にこだわる
・双子が産まれる確率が高いが片方しか育てない

これは天然の生息地が守られていたとしても
その生息数を維持できるギリギリのラインではないだろうか・・・
いや、下手に天災とかで竹が枯れたり、エサの量に影響があれば
普通に頭数が減ってしまうんじゃないだろうか?

というか、好みにうるさいって何よ・・・
哺乳類の中でも人を除くと
かなり稀なケースらしいですが。

まぁ・・・何しろ全動物の中でも
愛らしさでいったらトップじゃないでしょうか?

そう、これが言いたかったんです。

 

もはやパンダしか勝たん!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。