和晃BLOG

2021.10.11

鬼滅の刃よりも・・・

 昨晩の23時過ぎから
アニメ鬼滅の刃の続編が再開しました。
今回映画に絡めた部分の完全新作として
注目度が高いものの
この後に続くストーリーが遊郭編という事で
そのカテゴリーから夜枠へと移動になりました。

頑張って遅くまで起きて見て
今朝フラフラの小学生がいるかもしれませんね。

しかしながら社会現象を起こした
鬼滅の刃
マンガの巻数は多くない物の
1億5000万部発行
映画の興行収入は400億円越えと歴代1位
様々なジャンルとコラボしており
今や巷には溢れかえっております。

関連商品の売り上げですが
1000億円は余裕で超えますね。

もやはこの売上は歴代のジャンプ作品でもトップレベルでは??

調べてみると
どうやら、まだまだい1位には遠く及ばないようです。

ということは
やっぱり100巻を迎えた
世界中で大人気のOne Piece!
なんたって発行部数5億冊間近!
映画だって複数公開してるんで
合計すれば400億どころじゃないですもん!

だけど・・・

真の強者は他にいるんです

もしかしたら今の世代の子は知らないかな?

その名は
「遊戯王」

アメリカのカードゲーム
マジックザギャザリングをモチーフに漫画でした。
意外に思われるかもしれませんが
この遊戯王、確かにジャンプ黄金期に掲載されており
アニメ化もされています。
ただ、ドラゴンボールや他のマンガに比べて
そんなに目立ってたかな??というイメージかも

実はこの漫画から実際に販売された
トレーディングカードゲームが世界を風靡し
今なお新作カードは販売を続けており
世界で最も売れたトレーディングカードとして
ギネス認定されています。

ちなみに販売数は正確にはちょっとわからないけど
累計300億枚は超えてるはず
5枚入りで150円で売っているので
一枚あたり30円
カード売上だけで9000億円
この金額が確定してるんですね。

もちろん、カードだけでなく関連商品を含めると
 恐らく1兆円です。

ジャンプ史上ぶっちぎりです。
恐らくワンピースも鬼滅の刃も抜けないと思います。
2005年に建てられた集英社の新社屋は
遊戯王による収入で現金払いで建てたなんて噂も立つくらい・・・

ちなみに作者は20年前に長者番付文化人部門で第一位取ってます。

こう考えると限られた才能だとは思いますが
漫画家も夢がありますねー!

という事で、鬼滅よりも遊戯王の方が
いろいろとヤバかったというお話でした。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。