和晃BLOG

2021.10.08

長男は別格なんだよ!

俺は長男だから我慢できたけど
次男だったら我慢できなかった!

これは鬼滅の刃で
主人公、竈門炭治郎が放った人気の台詞です。

つまり
兄弟の中で長男とは
別格の存在なのだ!!

そして、かく言う私も妹二人の長男です。
今振り返ると
お兄ちゃんだから
妹の面倒を見てあげてね。と
よく言われてきましたが
何やかんやで、
当時は気の優しい遠慮がちなタイプ
長男に仕上がりました。

いろんなものを妹に譲る
行きたい場所とか
食べたい物とか

特に欲しい物買ってあげるって言われると
妹達はわーいって、
当然のようにおもちゃ付きのお菓子とか持ってくる中
自分は控えめにしなきゃいけないと思って

野菜コーナーに行って
キュウリを持ってきました。

「僕キュウリ好きだから・・・」

あの時なんで我慢したんだろ・・・?

よくよく考えたらキュウリだって
5~60円するんじゃないか?
当時ならちょっとしたお菓子買えたのでは?

他にも子供用の枕を買ってあげると言われ
妹達はピンク色の
当時人気だった「のりぴー」
キャラクターがついたのを持ってきて
本当は緑色の車がいっぱいついてるやつが欲しかったけど
僕も同じのでいいよと・・・
いや、今思えば値段なんて
そう変わらなかったんじゃないだろうか!?
というか、一緒にした方が良いという発想自体
もはや、遠慮なのか我慢なのか・・・

 

そんな妹達はおもちゃでいっぱい。
私のおもちゃは、近所の大きいお兄ちゃんがくれた
キン肉マン消しゴムがいっぱいと
あと、唯一欲しいって言って買ってもらった
聖闘士星矢のシャカの人形で
相当な年数を遊んだ気がします。
最終的にシャカは
片腕で左足首取れるまで遊んでたなぁ

そんな切なめの子供人生を歩んだ私は
中学ぐらいで損してることに気づき
徐々に通常運転にもどり
大学位にはワガママな末っ子タイプまで振り切り始めました。
ちなみに今は妹達に何にもしてあげない兄なのに
妹達はちょくちょくご飯に誘ってくれて
(おごってくれる)
誕生日プレゼントもくれたりします。

あの時のきゅうりが美味しいご飯にかわったよ!

そして子供の頃に優しくしといて良かった!
救われてるぞ!
 あの頃の俺!!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。