和晃BLOG

2021.10.01

季節外れの涼しい話

今朝、出勤前に道路の脇道を見ると
彼岸花が枯れ始めてました。
宿根草の彼岸花は一度根付くと
毎年増えて咲いていくので
今では家の前の歩道脇が真っ赤に染まります。

実家が花屋の山田家では
お彼岸とかは一年でもトップレベルに忙しく
延々とお墓の花を作り続けます。

二つお店があるのですが、
大きな霊園の横にあるプレハブの小さな花屋では
そんな時期に度々不思議な事が起こるです。

お店の営業時間は彼岸の時期は
朝7:00~17:00
主に午前中にお墓参りに来られる方が多いので
早い時間からお店を空けます。
夕方にかけて客足が減り
17時を過ぎるとほとんどお客さんは来ないので
翌日の花の準備を店内で21時位までやっているんです。
20時ぐらいを過ぎると
時々いらっしゃるんですね
ちょっと変わったお客さんが

店は国道から脇に入った所で
墓石屋さんと数件家屋があり
そのまま大霊園の入口に繋がっているので
裏道として抜けてく車が時々通るくらい
特に夜間に歩行者なんて
ほとんどいない所です。

20時過ぎぐらい
その日は彼岸の入りの20日でしたが
おじいさんが窓から店内を覗いていました。
稀にですが夜でも買いにくるお客さんはいらっしゃるので
お店の入口を開けてこんばんわ~と声をかけると
「明るいからうれしいねぇ」と一言
そのまま、ゆっくり歩きながら霊園の方へ向かっていきます。
この先の道路は要所要所に街灯はあるんですが
広大なお墓の中は真っ暗で
正直何にも見えないんですよ。

気を付けてねーと声をかけると
ちょっと振り返ってぺこっと一礼
店の中にいる妹に
こんな遅い時間におじいちゃんが一人で墓参りに行ったけど
大丈夫かなって言うと

あれ、お兄ちゃん初めてだっけ?
あのおじいちゃん
次のT字路らへんまで行くと
街灯の光で消えるから大丈夫だよ

そっか!なら暗くても安心だね!

ってなるかーい!

 

ビビッてないけどすぐに外に出て
確認しに行くことはやめときました。

信じるか信じないかは貴方次第

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。