和晃BLOG

2021.06.28

生き物から学ぶ

 週末、昆虫にハマった息子から
色々昆虫にまつわる問題を出されまくりました。

こちらも、その領域は30年前に経験済みなので
大抵の事は残念ながら答えられてしまうのです。

しかしながら、一つだけ
( ,,`・ω・´)ンンン?

という問題が

蜘蛛が巣を作る時
最初の一本目の糸はどうやって張るのか?

あれ?どうだっけ?
短い距離ならよじ登って・・・
ジャンプすんのかな?

そーいえば、物干し竿と家の壁の間の巣って
結構距離離れてるけど
どうやって作ったんだろ・・・??

完全にギブアップでした。

正解は巣を作りたい最初の地点で
糸を出して風に乗せ
壁にくっ付いたら一本目
そこから作り始めるそうな!

な、なんて知的!!
これって風をよんで目的地も把握してって
めちゃめちゃハイスペックな作業工程では??

話によるとある種の蜘蛛やミノムシの糸の強度は
鉄や高強度合成繊維に匹敵する強さだとか
この性質をお手本に工業製品の研究もされてるそうですが
とにかく生き物すげー!


トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。