和晃BLOG

2021.02.16

ツナギテ

 山田もお客様の引継ぎを徐々に行って
毎日瀬戸市内をぐるぐる走り回っています。

最初は全然わからなかった道も
随分とスイスイ走れるようになりました 

瀬戸の街並みは新旧入り混じっており
古い町並みの隙間に新しい家が建っていたり
細く風情を感じる
くねった道が至る所にあったり
開けた田園地帯
雪が積もってる山間
起伏にとんだ地形が多くの景観を作り出すんですよ

それでも、世代が変わったりして
空き家だったり廃業した窯元だったり
そんな場所を活用すべく
瀬戸市も「せとで住もまいプロジェクト」
5年ぐらい前から進めています。

ツクリテの支援
住み方の提案
人とのつながり

これを瀬戸市がツナギテとなっているんです。
和晃は瀬戸を中心とした商社なので
お客様の需要と供給を結びつける
まさにツナギテとして仕事をしています。

まったく業種や世界観は違っても
同じ仕組みで動いているのであれば
協力できる事が必ずあるんですよね。

さぁツナギテとしての和晃の真価を発揮するぞ!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。