和晃BLOG

2021.02.08

マッハで走る車

昨晩、片側二車線の国道を走っていると
突如目の前に車が割込み  

これは普通に間に合わないなぁと思い
ギリギリまで端に寄せてブレーキを踏み込んだ結果
20センチくらい手前で何とか止まれました。
ただ、縁石を削りながらブレーキかけたので
左前輪のタイヤは見事にバースト

割り込んだ方も悪意は無かったようで
20mぐらい先でお嬢さんが停止して降りてきました。

なんにしてもお互いケガもなく、
タイヤ一個で済んだのでラッキーでしたね

原因は先方が右折まちの車を避けようと
車線変更を試みたら、死角に入った
左後方の私の車が来たって感じです。

これ、私自身もヒヤッとした事が何度かありますね
ミラーで軽く確認した時は見えなくて、
いざ変更しようとした時に目視で分かってドキドキしちゃうやつ。

どちらにしても、警察を呼んで
保険会社に連絡して~と一連の流れ。
先方さんも事情聴取はされるだろうけど
ぶつかった訳ではないので、さくっと済むでしょう。

ところが、保険屋さんから色々指示がきたのか
警察の聞き取りの際に
車線変更をする際、
後方を確認して車線を跨いだら
いきなり後ろに車がいた

お、おぅ・・・
抵抗を始めた・・・。

たぶん、そこ認めても認めなくても
過失?というか罪にもならないのでは?
保険代も変わらないと思うし・・・。
別にこっちも、保険屋さん同士で
ちゃっちゃと済ましてくれれば何ともないんだけど・・・
そして、帰るの遅くなると思うけど・・・

その説明を聞かされて警察も微妙な表情

なぜなら、この道
見通しが抜群に良い300メートルほどの直線
途中、信号のある交差点が100メート手前に一個

このお嬢さんが後方を見て車がいない事を確認
つまり後方300mの間に車は見えなかった。

なので、安全を確認した上で車線を変更しようとしたら
いきなり車が現れた。

恐らく、こっちもスピード出してたから、
お互いがちょっとずつ悪い
みたいな感じに持って行きたかったのかな?

でもね、後方確認後、車線変更を始める間
1秒くらいかな?

その時間に、200~300mぐらいの距離を詰めるって
平均秒速200~300mって事よね。

瞬間的にマッハ超えてる

音速出てますって。

そらーね、警察も微妙な顔するよね。
そして、その速度出てたら、お互い粉々に吹っ飛んでるよね。
いや、その前にこっちの車体が浮いて縦回転してるか・・・

つまり
一般道をマッハで走ってはいけない
という教訓

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。