和晃BLOG

2021.01.18

イタリアの車だと思ってた・・・

 最近は聞かなくなった単語ですが、
イタリアンを食べる事を
「イタ飯」っていう事は知っていました
使ったことないですけど。

そして「イタ車」という単語を聞いた時
イタリアの車だと思ってました・・・。

それこそイタリアの車なんて
街乗りがかわいいフィアットから
ランボルギーニ、フェラーリと誰もが知る
スポーツカーブランドまで勢ぞろい!

なので、以前イタ車が集まるイベントがあると聞いて
現地に赴いた時の衝撃はすさまじく
たぶん、ちょっとチビってたと思います。

痛い車=イタ車

一見中傷してる単語なのに、乗ってる方々も
痛車という名前を受け入れてらっしゃるのね!
しっかし、フルラッピングで様々なキャラクターが
狂喜乱舞している姿は圧巻ですよ。
日本の文化を脇腹に叩き込まれた感じがします

あまり知っているキャラクターがいないので
逆に気になったのが費用です。
ちょっとしたサイズのデザインであれば、
自分でステッカーを貼って安上がりにできるそうですが、
フルラッピングともなると、ステッカー代で約30万前後
施工費で約20万、デザインをオリジナルで作る
構成費なんかオプションで追加すると別途10万とか
中古車が買えてしまう金額なのです!

ちなみ耐久性は質によるけど2~3年との事。

いやー皆さん気合入ってますねー!

ネットでもいろんな痛車を見てみましたが
個人的にはこのラッピングが好きです。

 

絶対荷物すぐ届くやん

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。