和晃BLOG

2020.12.21

冬だけどチューリップ

17日にDMG森精機さんが、
デジタル化により
製造現場の生産性向上を支援する
「TULIP(チューリップ)」を国内展開する新会社
株式会社T Projectを
本格展開しますよーって発表しました 

ざっくり説明すると
アメリカの会社が開発したアプリケーションで
導入に伴いペーパレス化はもちろんですが、
作業手順書や品質管理、
機器モニタリング、生産データの管理などなど
ベースとなるアプリの自由度が高いので
製造業以外の分野でも使え
随時使い勝手のいいように
アップデートされていくでしょうねー

その内容は公式サイトに載ってます。
まだ、未来のイメージをしていましたが
今年の様に、コロナの影響で
人の働き方を見直す転機もあって
急ピッチで進められている感じがしますね 

手動の切削機械が主力だった時代から
オペレーティングシステムの入ったマシニングが台頭し
生産効率、自由度が飛躍しました。
そして次は、それらを繋ぎ一括管理した上で
専門的知識をアプリで補い
労働力の適正化が進められるという事ですね。
人がいらなくなるんじゃなくて、
人が少なくなっても対応できる会社 

 

というか

人増やそうぜ!!

子供たくさん居ても
お金の心配なく暮らせる社会作ろうぜ!!
和晃はそんな社会の一端を担う
模範企業を目指します(`・ω・´)キリッ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。